悪質サイトの見分け方や優良サイトを紹介する「出会い系サイト High School」

悪質・悪徳じゃない出会い系サイトの簡単な選び方

現在、多くの出会い系サイトが存在しています。
しかし、その中で本当に会えるサイトはほとんど無く、1%にも満たないと言われています。
つまり、残りの99%は悪質出会い系サイトで、絶対に会えないということです。

この状況を見て「出会い系サイトには利用価値がない」と思ってしまう人もいるでしょう。
しかし、サイトの良し悪しを見極めてしまいさえすれば、100%悪質じゃない安全な出会い系サイトに登録することが出来ます。
ただ、初心者の方ですと少し時間が掛かってしまうでしょう。そこで、私が今までの経験から優良と呼ぶに相応しい出会い系サイトを一覧で紹介致します。
どのサイトも、出会える確率の非常に高かった、悪質とは無縁の出会い系サイトなので「出会いたい」という方は、是非お試し下さい。

悪質じゃない優良出会い系サイト一覧

※管理人監修のランキングは現在鋭意作成中です。もう暫くお待ち下さい。

NOT悪質!エクセレントな出会い系サイトの見分け方

出会えるサイトかどうか見極めるのはとても簡単で、見極めさえきちんとできれば会えるサイトに登録することは可能です。そしてその後は、あなたの腕次第というわけです。

見極める方法と言っても、そんな大層なことではありません。

  • 運営歴が10年以上(最低でも3年以上)
  • 男女共に会員数が多い
  • ポイント制などの有料サイト
  • 法に基づいて年齢確認が行われている

この4つさえクリアしていれば、ほぼ100%出会えるサイトであると言われています。
ただ、全体の会員数がどれくらいなのかを私達が知ることは出来ないので、あくまでも運営側が出している数字を信用するしかありません。もしかしたら宣伝のために嘘の数字を出している可能性もあるので、あくまでも目安として捉えておくといいでしょう。

出会い系サイトの基礎知識

そもそも出会い系サイトというのは、顔も名前も知らない異性(なかには知り合いに会った人もいるようです)に出会うためのネットサービスのこと。
出会い系サイト誕生以前はテレクラや伝言ダイヤルなどの電話を使った出会いが一般的でした。
それが2000年頃からネットが一般に普及するようになり、出会い系サイトが新たに出会うためのサービスとして誕生したというわけです。

出会い系サイトが多くの人に使われるようになってから、非常に多くの人達が実際に出会うことができていました。
しかし、出会い系サイトに目をつけた悪質業者などがサクラや架空請求などを行うようになり、それに付随するような形で出会い系サイトに起因した事件が多発するようになってしまいました。
その結果、何の法整備もなされていなかった出会い系サイトに「出会い系サイト規制法」という法規制が敷かれるようになりました。
そして現在、出会い系サイトを運営するためには公安委員会に届出を提出し、利用者がサイトに登録する際は年齢確認が必要となり、免許証などの提示が義務化されるようになりました。

どのような点が問題なのか?

多くの人が利用していることからも、出会い系サイトは出会いに欠かせない非常に便利なサービスです。
その反面、色々な問題も抱えています。それが悪質出会い系サイトの存在です。
同時登録や迷惑メール、サクラ、架空請求など、みなさんも一度は耳にしたり、目にしたことのある言葉ではないでしょうか。
最近では2ちゃんねるのまとめサイトや口コミサイトなど、出会い系サイトに関するステマも問題になり、話題になっています。

こうした様々な問題点があるために、利用者には多くの知識を持つことが必要だと言われています。
ネットで検索してみると、悪質出会い系サイトに関する手口や対策が紹介されているので、それを元に自分なりの対処法を見つけることもできます。

色々なサイトを見ていると、全員がそうでなくとも、被害に遭って泣き寝入りしている人もいます。
これは、出会い系サイトを使っているのがバレたら恥ずかしいとか、相談できる人がいないからなどの理由が挙げられます。

このように、多くの問題点を抱えている出会い系サイトですが、悪質サイトさえ使わなければいくらでも出会いは見つけられます。
当サイトではそのお手伝いとして、悪質出会い系サイトを見極める方法、手口及び対処法について紹介していきます。